高志神社(たかしじんじゃ)

2012/02/10

神埼の成立ちと神埼荘

abortion pill kit

name of abortion pill in uk read here abortion pill usa legal uk

abortion pill online

buy abortion pill

buy low dose naltrexone online

buy naltrexone online india

buy antidepressant online

buy zoloft link buy zoloft online

abortion in philippines

abortion philippines read here abortion pill ph

abortion pill usa legal

buy abortion pill
iv>iv>iv>

神埼の成立ちと神埼荘 高志神社

神埼荘 三所大明神 高志神社

高志神社社殿

高志神社は、現在の馬場川の西岸に鎮座し、神埼荘南部の水利を治める、重要な役割をなす神社として祀られています。

創建年代は定かではありませんが、記録による初見は寛元2年(1244年)の『遠眞施行状』に「高志・櫛田両社大宮司職事、…」とあります。

祭神は、素戔鳴尊(すさのおのみこと)です。

後に、稲田姫命(いなだひめのみこと)と日本武尊(やまとたけるのみこと)を配祀(※1)したといわれています。

※1 主祭神にそえて、その神と縁故のある他の神を祀ること

神社に祀られた様々な神々

河童の木像

拝殿の梁(はり)の上では、まるで鬼の様な、いかめしい姿をした木像がこちらを見下ろしています。

何を形どった像か分かられますか?

この像は、河童の木像だと言われています。

河童は、水神であるとともに、この地方に水難で亡くなる人がよくでたため、これを鎮めるために祀られたものと伝えられています。

高志神社の他、千代田町大島地区の菅原神社、同じく千代田町渡瀬地区の印鑰神社でも、河童の木像を見る事ができます。

 

また、境内入り口にある山門には、梅鉢の紋が刻まれています。

梅と言えば、天神として祀られる、菅原道真(すがわらみちざね)が好んだとされる花で、山門に、この梅鉢紋がある事から、「天神様」にも縁のあることが分かります。

地名から見える高志神社

高志地区に残る地名

高志神社一帯には、神社に関係する地名などがたくさん残されています。

寛政7年(1795年)の、神埼郡下郷高志村図によると、高志神社の周囲には、19軒の家がみられ、宮堀、前堀と呼ばれる堀が集落を囲む環濠集落となっています。

しこ名には、神楽田篭(かぐらだこもり)、流鏑馬篭(やぶさめこもり)など、また、笛の橋、馬場川 の下流を神水川(しおいがわ)というなど、神社に関係ある地名やしこ名が、数多く残されています。

芸能文化との関わり

神社がある高志地区には、全国でも唯一、鷺流の狂言を伝える佐賀県重要無形文化財「高志狂言」が伝承されており、毎年10月12日の、高志神社秋祭りに奉納されています。

「高志狂言」というのは、特に専門の狂言師によらずに高志地区の住民で保持し、約二百年にわたって受け継がれてきた芸能です。

高志地区には、能の家元である島家と、狂言の家元である古賀家の両芸能集団が存在しました。

永く、能と狂言の両方を奉納してきましたが、現在では狂言だけを演じられています。

高志狂言とお謡い

石造物から見る高志神社

入り口の鳥居をくぐって、10mほど奥に進むと、石造りの神橋があります。

この石橋は、神域と下界を繋ぐ重要な役割をもっており、神社を訪れる人々は、神聖な気持ちで、この橋を渡っていました。

橋の親柱には、牛津(砥川)の石工集団、平川氏に属する、平川幸之允(ひらかわこうのすけ)の名前があり、享保5年(1720年)に造られ、寛保3年(1738年)および天明5年(1784年)に改修されたことが記されています。

石造りの太鼓橋

 

社殿の手前には、文化12年(1815年)に造られた、一対の狛犬があります。

口を閉じた、吽形の狛犬の基礎には奉納者の名前が刻まれています。

その中には、「古賀伊左エ門」の名があります。

この人物は「狂言の家元である古賀家」の初代家元(1777-1851年)とされる人物です。

また、明治33年(1900年)に造られた燈籠には、能の家元「島儀平(1835-1905年)」、狂言の家元「古賀甚蔵(1825-1907年)」の名も見られます。

ここでも、高志神社と芸能文化の結びつきが、強く感じられます。 

鳥居をくぐり、橋を渡ると、趣のある高志神社の社殿と、のどかな風景が広がり、心が落ち着きます。
是非、一度訪れてみませんか?

 

参考文献

  • 「角川日本地名大辞典」編集委員会 「角川日本地名大辞典」 1982年 角川書店
  • 広江大元 「千代田町史」 1974年 千代田町教育委員会

展示室トップに戻る