白角折神社(おしとりじんじゃ)

2012/02/06

神埼の成立ちと神埼荘

where to buy abortion pill uk

abortion pill online

naltrexone buy online

buy low dose naltrexone canada kristinasmith.us buy generic naltrexone online

pregnancy termination in manila

pregnancy termination in manila

buy sertaline usa

buy antidepressant online click antidepressant online delivery

buy naltrexone online usa

buy naltrexone

buy abortion pill philippines

abortion pill philippines
iv>iv>iv>

神埼の成りたちに深く関わる神社

白角折(おしとり)神社は、創建年代は定かではありませんが、貞観15年(西暦873年:平安時代)に、従五位下を授けられた由緒ある古社です。

城原川が谷より平野部に流れ出る水口の川沿いに位置しており、川(水利)を治める重要な地点に鎮座して、高志宮、櫛田宮とともに神埼荘の三所大明神として崇敬されています。

祭神は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)です。

 

「おしとり」の由来と、武神ヤマトタケル

白角折と書いて「おしとり」。なかなか読めないですよね。

白角折(おしとり)の名称は、日本武尊が熊襲征伐のときに白角折神社から的に向かって矢を射たという伝説から幣作りのおしとり部と関連があるという説、西方の国を制圧するときに鳥が白い角を持ってきて、戦況が有利になったことから「おしとり」と呼ぶようになったという説があります。

歴史的には、7世紀頃、大和朝廷は朝鮮半島の緊迫化により、九州に多くの軍事的部民(*1)を配置しました。

神埼町竹原地区は、かつて戊久米里(つちのえくめり)と呼ばれ、その時代背景と、地名の久米から、軍事的部民の久米部の存在が推定されています。

神社に近接する的(いくわ)という地名の由来も、軍事的部民的部との関連が考えられることから、武神としての日本武尊(ヤマトタケルノミコト)がお祀りされたのではないでしょうか。

*1 朝廷や豪族に隷属し、労役や生産物を貢納した人々の集団

白角折神社の現在

白角折神社は、明治44年に仁比山神社に合祀され、御神体は仁比山神社に移されました。

また、幕末までは神楽が奉納されていたそうです。

現在は、朝日地区の人たちの手で管理されていて、年に一度の夏祭りが盛大に行われています。

境内は、うっそうとした木々に囲まれ、川のせせらぎの音にも心洗われる趣深い景観をみせています。

推定樹齢1000年と言われる大楠(佐賀県天然記念物)がそびえ立ち、見るものを圧倒します。

石に刻まれた先人の祈り

参道を進むと、境内には、鳥居をはじめ多くの石造物が残されています。
そこには、朝日村氏子中 鍋嶋庄兵衛、彼の家臣たちの名が刻まれています。
『玄梁院様(第三代藩主綱茂)配分帳』に「鍋嶋庄兵衛 朝日村142石、的2石余」とありますので、当時の朝日村の領主だったようです。

 

なお、江戸時代に鳥居は2基あったのですが、1基は再建されたものの、もう1基は柱の残欠が残っているだけです。

その残った柱の上に盃状穴とよばれるものがあります。

これは人々が再生・子宝・安産・豊作・病気平癒などを願掛けし、丸い小石で彫り続けた民間信仰の証です。

神社では、手水鉢の縁や、祠や狛犬の台座にはよく見られますが、鳥居の柱に盃状穴があるのは大変珍しい貴重な例です。

 

神社を訪れると、当時の人々が奉じた鳥居、石灯篭や、祈りをこめた観音様、地蔵様、そして盃状穴などが、鎮守の森の中に静かにたたずむ気配が感じられます。

是非、ご自分の目で確かめられてみませんか。

 

 

展示室トップに戻る