丸山喜代藏
まるやまきよぞう

  • No Image

資料解説

明治18年7月に志波六郎助と信州より養蚕家を招き共同で発起した廣滝製糸業が始まります。丸山喜代蔵は、この時に信州より招かれた養蚕家の一人です。明治22年に建立されに志波六郎助・津野与作と「誓祈養業之発達」の碑を建てています。

speaker_notes基本情報

資料の分類 歴史文化遺産 > 人物 > 資料に見える人物 > 政治家・役人 > 技
名称 丸山喜代藏(まるやまきよぞう)
所在地
場所
年代 -- --年 (0年)
年代根拠 --
指定区分 --
資料番号 609

speaker_notes詳細情報

構造特徴・概要 明治時代、旧脊振村の養蚕業振興のため信州より移住した養蚕家である。旧脊振村の養蚕振興のため明治18年7月上旬に廣滝製糸業が志波六郎助が信州の養蚕家をである津野与作・丸山喜代蔵らを招き招き共同で発起する。
現状
背景・由来・伝承
特記事項
規模
材質
製作・建立者
祭・行事
祭神・宗派
銘文

※1、※2

※1 実際は、多くが縦書きですが、都合上、90度回転させて横書きで表記しています。
※2 ■で表記されている文字は、調査では判明しなかった文字です。

place位置情報

位置情報はありません。

compare_arrows関連情報

関連情報はありません。