廣滝三郎右衛門
ひろたきさぶろううえもん

  • No Image

資料解説

廣瀧三郎右衛門家は、当地口山内在住の侍・侍各で大庄屋で大山留を務め田人物です。広滝にある松林寺において、寺子屋を開き師匠として教育に当たっています。。

speaker_notes基本情報

資料の分類 歴史文化遺産 > 人物 > 資料に見える人物 > 軍人 > 庄屋
名称 廣滝三郎右衛門(ひろたきさぶろううえもん)
所在地
場所
年代 -- --年 (0年)
年代根拠 銘文による
指定区分 --
資料番号 607

speaker_notes詳細情報

構造特徴・概要 広滝の兼大明神境内に建立されている大乗妙典一字一石塔の奉納者として刻まれる人物。
廣瀧三郎右衛門家は、当地の大庄屋で大山留を務める。
江戸時代、廣滝山村の松林寺において、満空和尚・中原喜惣右衛門・野田林之助等が寺子屋を開く。
現状
背景・由来・伝承
特記事項
規模 【全体規模】高:150.0㎝、幅:60.0㎝、奥:41.5㎝
材質
製作・建立者
祭・行事
祭神・宗派
銘文

※1、※2

※1 実際は、多くが縦書きですが、都合上、90度回転させて横書きで表記しています。
※2 ■で表記されている文字は、調査では判明しなかった文字です。

place位置情報

位置情報はありません。

compare_arrows関連情報

関連情報はありません。